京都伏見 ボルダリング&フィットネスのfushimitto

2021年3月31日

ホールドチェンジ

ボルダリングを担当しております。

松田です。

今回のホールドチェンジには、下の4種類を追加予定です。

上記に合わせて、3/30(火)19時以降より、ホールド外しを行いますので、使用不可となります。

この3種類は『Kilter』(キルター)と言うメーカーになります。

大きな試合でも使用されるメーカーで、今は大型のホールドがメインになっています。

うちで、そんな大きいのをつけたら、壁に5個くらいしか付けれなくなるので、大型のホールドは諦めました・・・。

1回でいいんで、めちゃめちゃデカイホールドで、セットしてみたいですね。

もう一つは、『Cheeta』(チータ)

こちらも大きな大会で使用される頻度の非常に高いホールドです。

このメーカーも大型ホールドが、メインになります。

僕の個人的な印象は、『エッジがないホールド』と、言った印象です。

角が無く、丸みが強いホールドが多く、しっかり押さえる。

逆に『Kilter』は、エッジがしっかりしていて、握りこむ印象が強いホールドです。

他にも、様々な特徴のホールドメーカーはあります。

機会があれば、ご紹介させていただきます。

ホールドチェンジをお楽しみに。

LINEで送る

投稿日:2021年3月8日 カテゴリ:ボルダリング, スタッフ日記

ページトップへ