京都伏見 ボルダリング&フィットネスのfushimitto

ちゃんと体を休めてますか?

こんにちは!

 

FUSHIMITTOでパーソナルトレーナーとして活動しております西川智之と申します。
今年からダイエットプログラムというものが開始されています。

自分に適した食・運動習慣を作り健康的でキレイな体を作りたい方はこちらにお申込みください。

お問合せフォーム

 

さて「ダイエット」をやると考えた場合、あなたは何をしますか?

運動?食事制限?

大切ですね。
運動をして消費カロリーを増やし、食事制限をして摂取カロリーを減らす。

ダイエットにとって確実に必要な考え方です。

ですが「健康」「キレイ」を考えた場合はこれだけでは足りません。

積極的な「回復、休養」が必要になります。

適切な栄養摂取も必要なのですが、今回は「休養」をテーマにさせていただきます。
秘訣はカロリーだけで考えない!

睡眠不足は肥満改善のための食事管理の効果に悪影響を及ぼす、という論文があり、同じ摂取カロリー、同じ消費カロリーでも睡眠時間によって体重の減少量が異なるそうです。

この実験の欠点もあるそうなのですが、結果的には睡眠時間が多い人の方が体脂肪の減る量は多いということになりそうです。
ATHLETEBody.jp 睡眠不足でダイエットは失敗する 参照

 

◾︎なぜ休むことが必要なのか?

回復にエネルギーを回すからです。

筋肉を増やすことを考えてみましょう。

トレーニングをして筋肉に負荷をかけます。
交感神経が優位になり心拍数が上がり筋肉への血流量が増え筋肉にエネルギーが送られ、さらに筋肉に負荷をかけることができます。
ですが、これは筋肉を壊す作業になります。
壊した後に修復することで筋肉量は増えていきます。
では、壊しっぱなしにして勝手に修復をしてくれるのか?

勝手にしてくれるかもしれませんが修復する為の時間が欲しいですね。
壊す時間ばかりが多くて修復する時間が少なければ修復はできません。

でも私そんなに筋トレや運動ばっかりしてる訳じゃないけど…?
仕事してる時間の方が長いし…
筋肉休めてると思うねんけど…?

その通りなのですが、日常生活を送るためにもエネルギーは使います。
歩く、スマホを見る、立つ、喋るなどです。
頭を使うこともエネルギーを使います。
脳は体重の2%しかありませんが総エネルギー消費量の20%をしめます。
要は頭を使うことでもエネルギー消費はしているということです。

運動する為にエネルギーを使い、日常生活を送るためにもエネルギーを使います。
自分の持っているエネルギーを消費していっている時間が長くなります。
言わば常に交感神経が優位な状態ということです。

ですが、修復にもエネルギーは必要です。
ではそのエネルギーをどうやってまかなうのでしょうか?
これは完全に食事ですね。栄養摂取です。
食べることによりエネルギーを摂取します。

 

その摂取したエネルギーをどのように分配するのでしょうか?

筋肉を増やす(修復する)ためのエネルギー分配はどんな時に多く送られるのでしょうか?

これは休んでいる時です。
言わば副交感神経が優位な状態です。

活動している時よりも休んでいる時の方が修復しやすいのはイメージがつきますよね。
休むからこそ壊された筋肉は修復されます。

 

修復にもエネルギーは必要なのですが、運動したりストレスを受けたりするとそちらの方へ先ずエネルギーを送ることを人間はします。
体や頭を働かせている時間が長ければ長いほどそちらにエネルギーを回している時間も長いのです。
結果、修復にかける時間が短く、送られるエネルギー量が少なくなります。
これでは完璧に回復することはできません。

 

それが続くとどうなるでしょうか?
エネルギーを使うことばかりの時間が増え、エネルギーを蓄える時間が減る。
使えるエネルギー総量が少しずつ減っていく。
使うエネルギー量をなるべく節約しよう、という働きが起こる。
結果、代謝が低下します。

 

そして、なんか疲れやすい、なんかだるい、朝が起きにくい、甘いものが欲しくなる、コーヒーをよく飲む、肌の調子が悪い等
の問題が少しずつ気づかないうちに出てきます。
運動しているのに体脂肪がなかなか減らないという状態にも陥ります。

人間の体の反応からしたら当たり前のことです。
エネルギーを確保せずにひたすら消費することばかりしていたらそれは「死」に近づく行為です。
わざわざ「死」に近づくことはしません。
死なない為にはどうするのか?
エネルギーの節約をするしかないのです。

では節約しない為には何が必要でしょうか?

常にエネルギーが補えているということです。
今後一生毎日10万円が手に入るとなったらどうしますか?
めっちゃ貯金しますか?
毎日10万円使いませんか?

体も同じように考えてみると毎日適切な量のエネルギーが供給されると不必要に溜め込むことはしません。
体脂肪は貯金です。エネルギーの貯蔵です。
エネルギーを蓄える必要ながなければ不必要な分は蓄えません。
ということは節約をしないということです。

まぁ自分の持ってる貯金を適切に引き落とせないという人も多くいますが…(ビタミン、ミネラル不足)
こういった人の場合は貯金があるにもかかわらずその日その日でお金を稼いでいます。
(体脂肪が多いのに甘いものばかりを食べてしまう…)

 

話を戻します。
エネルギーを補う為には休むこと、食べることが必要です。
そしてそのエネルギーを修復、回復に回す。
言わば副交感神経が優位な時間をどれだけ長く作れるのかです。

だから寝たいんです!休みたいんです!

運動でストレス与えて、仕事でストレス与えて交感神経バリバリにしていては体は休まりません。
体重を落とすことだけならそれでもいいかもしれませんが健康的でキレイな体を手に入れるためにはそれでは確実にダメです。
「休養」が大事なのです!
休みましょう!
7時間は寝ましょう!

 

ダイエットの為にバリバリ運動をされているお客様がいました。
お仕事もバリバリに頑張られていました。
ですが思ったように体重が減りませんでした。
もっと運動しなあかん!食事制限しなあかん!
と思われていました。
睡眠時間を聞くと平均5時間ほどでした。
まずちゃんと食べることをしてもらいました。
体脂肪は減りましたが停滞してきました。
ある日体調を壊し運動を休み、仕事も制限しました。
体脂肪が減りました。

これは何を意味しているのでしょうか?

活動量を増やすことは大切です。
ですがその分体を休める時間も増やしてください。
それがあなたが今後健康的でキレイな体を手に入れる秘訣になってきます。

今回も長々とお読みいただきありがとうございました!

ダイエットプログラムのお申込みはこちらまで→お問合せフォーム

投稿日:2019年4月11日 カテゴリ:スタッフ日記

トップページ > スタッフブログ > スタッフ日記 > ちゃんと体を休めてますか?
ページトップへ